一般社団法人
EARTH BOOK
検索

宮古馬レポート 1

最終更新: 3月11日


十日前に宮古島から戻りました。 今年すでに6回目。

これまで野放図に走り回るだけだったお馬さんたちですが、 前回7月に、北海道よりナチュラルホースマンシップの持田さんがレクチャーに来て下さり、馬と人のコミュニケーション、共に歩くこと、たくさんのことを学ぶことができました。その後今回2ヶ月ぶり、さっそく自主連です。

私自身は、宮古馬たちは何もしなくていい、 人と一緒に歩かなくてもいい、など、どこかで想ったりしていましたが、 この先、この子たちにはどのような運命が待っているのかわかりません。 そうした状況下では、どこに連れて行かれても、最低限人と一緒に生きていけるよう仕立ててあげるということが、今の私たちにできることの一つ、と理解しました。 その意味では、どこかで切ない気持ちも抱えつつ、 それでも、仲良しで、いつも遊ぶだけだった大好きなデイゴちゃんとも、初めて綱をつけて一緒に歩いたのは、こころ躍るあたらしい体験でした。

これまでと違う地平に一緒に立った、そんな感じでした。

まだ赤ちゃんの仔馬たちも頑張っています。 それにしても仔馬に綱をつけてのお散歩は愉し過ぎます。

* 「ミャークヌーマ宮古馬の会」もご覧ください。 https://www.facebook.com/myahknuma/ 矢谷左知子

105回の閲覧