検索

宮古馬レポート グランドワーク 11月

最終更新: 2019年11月23日





7月の第一回に続き、11月にもナチュラルホースマンシップ・スタディセンターの持田さんが北海道よりご来島くださり、2回目の宮古馬のグランドワークが行われました。 全国の馬たちを知り尽くしているグランドワークの第一人者、持田さんでさえ、「ここまでタフでがんこな馬はあまりいない」、のだそう。。笑

在来馬は精神的にたくましいそうですが、その中でも宮古の馬たちはかなり、のようです。 でもひねくれた子は一頭も居ず、去勢されていない雄馬に至るまで、みんな結局は素直にちゃんと付き合ってくれます。


今回は、馬を代えながら全員での同時グランドワークが主となりました。 全頭が人が代わってもきちんと対応してくれる、それだけで感無量。笑 そして海乗馬用にビーチでの訓練、仔馬たちや、雄馬とのグランドワーク、

中身の濃い学びの5日間、 宮古馬のために労を惜しまず、辛抱強く、つきっきりでご指導くださる持田さんのお気持ちにも、毎日感動、 それにけなげに応えていく馬たちの姿にも目頭の熱くなる一コマ一コマ、 もっとも、逃げ回って捕まらなかったり、手こずる場面もアレコレ、、馬たちもずいぶん頑張りました。笑


灼熱のなかでの汗だくの前回7月に比べれば、心地よい風の吹く、最高のお天気のなかでの今回のグランドワーク。

三ヶ月の間がありましたが、馬も人も前回すでにインプットされたものが熟成したかのように、少しずつではありますが、確実な手応えを感じました。

持田さん、そして、実現に向けて動いてくださった宮古馬の支援者の方々、ありがとうございました。

102回の閲覧
一般社団法人
EARTH BOOK